【GEMFOREX】ドルインデックス(DXY)概要&月足週足日足チャート分析 2021年2月7日 結局ドルは強いのか弱いのか?

ドルインデックス(DXY)月足チャート_20210207

XMTrading

新規口座開設1万3千円ボーナス+最大1万5百ドルの入金100%+20%ボーナスキャンペーン開催中!

2/5の米雇用統計を挟んでユーロドルは週足トレンドラインで反発し、ドル売りトレンド継続のようには見えますが、逆にドル円とドルスイスフランは月足レベルで底打ちサインが出ており、結局ドル強いのかどうかわかりにくい状況なので、ドルインデックスのチャート分析記事を書いていきます。

基本的には取引量が一番多いユーロドルをベースに考えると、まだドル売り優勢なんじゃないかという気はするのですが、あくまでチャートの中からどうなのか見ていきたいと思います。



ドルインデックス(DXY)概要

ドルインデックス(DXY)は、米ドル自体の強弱を確認する為によく使われる通貨インデックスで、6種類の対ドル通貨を以下のウエイトで構成されています。
※Axioryの公式HPにちょうどいい感じのものが載っていたので引用させて頂きます。

ドルインデックス(DXY)内訳
Axioryドルインデックスの計算例」より引用

ちなみに、Axioryでは上記6つの通貨に対してだけではなく、全通貨に対して構成されるUSDXという合成通貨指数もありますが、実際には殆ど同じチャートですし、DXYの方が一般的なので今回はDXYでチャート分析しています。ご了承ください。

ドルインデックス(DXY)月足(Investing.com&Dollar_Index.ex4)

上記のチャートはInvesting.comのHP上から拝借してます。1985年のプラザ合意の時からのデータが反映されているチャートがこれしかなかったので仕方なくw

ご覧の通り、1985年に130だったところから今に至るまで高値切り下げ中です。その後、2008年に最安値更新してからは下げ止まって三角持ち合いになり、2019年に上ブレイクして底打ちしたように見えましたが、2020年に下値切り上げのトレンドラインを下抜けしてきたという状況です。

一番上のトレンドラインに届かない状況からの下抜けなのでチャートは弱めですが、仮に最安値に向かうにしてもレンジで結構時間かかるのではないかという印象でもあります。

Investing.comのHP上だと細かい調整がしにくいので、XMで「Dollar_Index.ex4」というインジケータを使って上記チャート(月足)を表示させました。サブウィンドウなのでローソク足の表示ではないです。ご了承ください。

このチャートを見ると、三角持ち合い上抜けする際に、ダブルボトム(見方によっては逆三尊)が決まっていることがわかります。もし今の値から下押しがきた時に、水平線を2本引いているゾーン(83-85辺り)付近は結構堅いのではないかと思われ、直近安値(2018年)の89を割ってこようがこまいがやはりレンジが長引くのではないかという感があります・・・



ドルインデックス(DXY)週足(Dollar_Index.ex4)

続いて週足もXMの「Dollar_Index.ex4」からです。下値切り上げのトレンドラインを下抜けた後も、今のところ右肩下がりのトレンドラインに沿って下げてきており、直近安値の89に迫ってきてここからどうなるのかといった状況です。上に抜けてきたら当面長いレンジっぽい感じで、下に抜けたらダブルトップの形にはなりますが、83-85ゾーンが堅そうなので素直に下がってくるのかどうかは微妙といったところですね。

ちなみに、直近高値(2016年)の103は、1985年の130からの61.8%戻しです。もちろん103が戻り天井になるのかどうかはわかりませんが・・・・

ドルインデックス(DXY)日足(Axiory DXY)

日足でようやくAxioryのDXYの登場です。ほんとは月足から全部これで完結したかったのですが、3年分のヒストリカルデータしか入っておらず、月足と週足の分析ではいまいち役に立たず、日足のみの活用となりますw

トレンドラインの引き方が若干微妙ではありますが、2020年3月の直近高値102.97起点のトレンドラインを2020年9月に上抜けてきてからも下降の流れが変わらないので、同じ幅分だけ上へ平行にラインを引きました。するとトレンドラインを上抜けして綺麗な逆三尊が決まっているのがわかるかと思います。ただ、左側の過去チャートを見た限りでは逆三尊を否定されて下落継続というパターンがいくつも見られる為、ちょっとラインより上にきたから上に大きく戻すかどうかというとそうとはいえない気がします。

総評:結局ドルは強いのか弱いのか?

長期足レベルで弱いチャートですが、89割れずに長い時間かけて三角持ち合いになれば最終的に上に向かうことはありうるので、当面レンジになりそうで難しそうといった印象です。直近では週足の下降チャネルに沿って下落が続いて89を割ってくるのか、チャネル上限をはっきり上に抜けくるのかどうかを注意して見ていきたいと思います。

正直日足の逆三尊&トレンドライン上抜けがあまり信用できないと思ってますw だからあくまで週足以上に注目していきます。

2023年9月26日(火)更新

現在XMTradingでは以下のプロモーションを開催中!

  • 新規口座開設1万3千円ボーナス
  • 最大500ドルの入金100%ボーナス
  • 最大10,000ドルの入金20%ボーナス
  • 賞金総額90,000ドルのシルバーウィークプロモ2023

XMでは口座開設ボーナス入金ボーナスだけではなく、出金可能賞金豪華な賞品のあるプロモーション開催されることもあります。トレードする際のモチベーションアップにも繋がりますね!

是非XMを上手く利用して稼いでいきましょう!



XMでトレードする主なメリット

  • 長らく日本人ユーザー数が最も多く、WEB上で必要なノウハウがいっぱいある!
  • 運営実績十分な大手FX会社!日本人向けサポートも充実!
  • 口座開設ボーナス、入金ボーナスは常時開催!
  • ロイヤルティプログラム:XMTradingポイントがお得!
  • FXウェビナーやチュートリアル動画でFX初心者にも優しい!
  • スプレッドが広い難点はKIWAMI極口座で解決!

当ブログ配布している朝スキャEAeagle blizzard XM」については下記の記事をご参考ください。

獣人女の子戦士
「eagle blizzard XM」の朝スキャEAガチ検証&無料配布開始!主な特徴・注意点は?バックテスト&フォワードテスト結果分析!XMの口座開設~入金・EAセッティングまでまとめて解説!
にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. […] 2021/2/7ドルインデックス […]

  2. […] 2021/2/7ドルインデックス […]