【海外FX法人化】GEMFOREX法人口座のレバレッジ・二重入金ボーナス・口座開設方法・必要書類について解説!

GEMFOREXお嬢様

GEMFOREX(Galaxy DAO)

現状GalaxyDAOGEMFOREX)から出金される見込みはかなり低く、当ブログGEMFOREX関連記事過去の遺物と化す可能性が高いと考えています。一部記事参考までに暫く残すものの、少しずつ今後不要だと思われる記事非公開別趣旨の内容リライトしていく可能性があるのでご了承ください。

GEMFOREX2023年5月27日に「M&Aによる事業継承協議開始」を発表後5月31日に一時サービス停止となりました。それから協議結果債務出金遅延分)の継承各種条件・買収金額合意となり、8月1日Galaxy DAO事業譲渡されたことになっていますが、8月15日公開ホワイトペーパーV1にて出金は行わず、その分独自トークンGBOND」を発行すると発表されました。10月31日公開ホワイトペーパーV2でも大まかな内容は変わらず、これまでの経緯を踏まえれば出金される期待値は極めて低いと言わざるを得ません・・・。

GalaxyDAOM&A事業継承協議出金遅延等について詳しくは下記をご覧ください。

海外FX法人化するメリット・デメリットや、GEMFOREX(ゲムフォレックス)法人口座レバレッジ二重入金ボーナス受け取り等のメリットや、口座開設方法・必要書類について解説していきます。

法人化を目標の一つとして定めている海外FXのトレーダーはいらっしゃると思いますが、私自身も専業トレーダー時代にFXで法人化するかどうか検討した時がありました。結局その時は見送りましたが、別事業で法人成りしたら法人口座を作ることは検討しています。

今後法人化を視野入れている方から、初心者でよくわからないけどちょっと興味があるという方まで是非本記事を参考の一つにでもして頂ければ幸いです。

尚、別途GEMFOREX(ゲムフォレックス)の個人事業主口座に関する記事を別途公開してますので、もしよろしければ合わせてご参考ください。



海外FXで法人化する目的は節税対策!そのメリットは?

入金100%ボーナス&ジャックポット併用画像

海外FX業者を使ってトレードしていて安定して稼げるようになり、収入が増えてくると支払う税金が気になってくるのではないかと思います。国内FX業者の申告分離課税(税率20%固定)と違い、海外FX業者は雑所得で申告する必要があり、累進課税だからですよね。要するに儲ければ儲けるほど税率がびっくりするほど上がる仕組みなので、これをなんとかうまいこと節税できないかと考え始めるはずです。

ある程度稼いだら国内FXメインに切り替えないといけないのか・・・でもできれば海外FXの有利な環境でトレード続けたい・・・ということであれば法人化するという選択肢があります!

以下、海外FXで法人化する主なメリットについて紹介していきます。

税率を抑えられる!

何とも言ってもこれが一番の目的のはずですが・・・収入が低ければ個人口座の方が税率が低いですが、ある程度収入が上がってきたら法人化していた方が税率を抑えられます。

まず、以下が現在の日本の法律で定められている所得税の税率です。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円

ご覧の通り、所得が上がれば上がるほど税率が上がる仕組みですが、これに加えて住民税(税率10%)国民健康保険料(税率8~10%)、さらに言えば社会保険料も加わります。収入が上がれば上がるほどこの表を見ただけで頭が痛くなると思いませんか?w

弥生会計のシミュレーションで「1年間の売上金額」を1,000万円と入力してざっくりと試算してみると、白色申告の納税額は約342万円、つまり手取りは約638万円ということになります。これだけ税金に持っていかれてしまうと結構きついですよね?w
※あくまで経費や仕入れ等を一切考慮してない概算です。

これを法人化した場合にどうなるかですが・・・まず、法人が納めるべき税金には、法人税・法人住民税、事業税、地方法人特別税等がありますが、この中で多くを占めるのが法人税です。国税庁のサイトに記載の法人税の税率は、資本金1億円以下で年800万円以下なら15%、年800万円超なら23.4%となっています。また、他の公益法人等を含めても最大で23.4%という設定です。
※法人が納める税金の税率はよく変わりますのでご注意ください。

上記弥生会計のシミュレーションに加えて、法人向けのかんたん税金計算シミュレーションも使って、超ざっくりと年収別で白色申告と株式会社で納める税金を下記の通り比較してみました。
※あくまで超概算です。法人が納める税金については、役員報酬等の経費をどうするのかによって大きく変わります。

年収白色申告株式会社差額
200万円43万円52万円9万円損
500万円141万円115万円26万円お得!
1,000万円342万円248万円94万円お得!
2,000万円790万円585万円205万円お得!
5,000万円2,390万円1,656万円734万円お得!

収入が少ないうちは税率の低い白色申告の方が支払うべき税金は少ないですが、ご覧の通り収入が上がれば上がるほど法人の方が節税メリットが大きくなります。

経費の範囲が大きく広がる!

白色申告・青色申告と比べても、法人化すると認められる経費の範囲が大きく広がり、その分課税される所得金額を抑えることができて節税に繋がります。

家賃、ネット回線、交通費、生命保険、退職金等を経費にできますが、経費で一番多くを占めるのが役員報酬で、これをいくらに設定するかで支払うべき税金が大きく変わります。

一人法人であれば役員報酬=ご自身の収入ということになりますが、役員報酬を大きくすれば法人として支払うべき税金は減りますが、個人として支払うべき税金が増え、結果的に法人+個人で支払うべきトータルの税金が増えてしまうことが起こりえます。

法人税は最大でも23.4%ということを考えると、累進課税の個人で支払うべき税金を最小限に抑える為には役員報酬は程々の金額にしておいた方がいいです。法人+個人の収入をどう設定するかのバランスが重要ということですね。

他事業との損益通算ができる!

個人口座でトレードしていて年間トータルでマイナスだった場合、損益通算できるのは同じ雑所得の収入のみです。給与所得や事業所得等と合わせて計上することはできません。

一方、法人化している場合、別の事業と合わせることができる為、仮にトレードが年間トータルでマイナスだとしても相殺されて節税に繋がります。また、トレードが年間プラスだけど別の事業が赤字という逆パターンの時も同じように節税に繋がります。

仮にトレードや他の事業のいずれかがマイナスになったとしても、その際に支払うべき税金を安くできる仕組みになっているということですね。

最長9年の損失繰越ができる!

国内FXの申告分離課税だと最長3年の損失繰越ができますが、海外FXの個人口座で損失繰越トレードしていて年間トータルでマイナスだった場合、雑所得なので翌年以降に損失繰越ができません。

大きなロスカットをして大幅マイナスの金欠状態で年末を迎えたとしても、雑所得分の税金は0円ですが、他の給与所得や事業所得があるならその分の税金はちゃんと支払う義務があります。私自身もかつてこれで地獄を見た経験がありますw

一方、法人化している場合、トレードや他の事業を合わせてもトータルマイナスだったとしても、最長9年の損失繰越ができます。翌年に復活してそれなりに利益を出せたら、前年度のマイナスと相殺して節税できるということですね。



海外FXで法人化するデメリットは?

は?

上記で海外FXで法人化するメリットについていくつか挙げてきましたが、勿論全ていいことばかりではなく、デメリットもあります。

会社の設立で初期費用・維持費がかかる

まず、会社を設立するのに初期費用・維持費がかかるのがネックだと感じる方が多いかもしれませんね。

最初に必要な法定費用として、登録免許税・定款用収入印紙代等がありますが、株式会社なら約25万円・合同会社なら約10万円はかかります。
会社設立freeeを使えば株式会社で20万円くらいにまで抑えられるようです。

また、資本金については、現在の会社法だと1円からでも株式会社を設立することができます。ただ、資本金の大きさが社会的信用度に大きく繋がりますので、会社の目的や運転資金に応じて相応の金額にするようご検討ください。

次に、会社設立後に発生する費用についてですが、社会保険(健康保険・厚生年金)への加入が原則必要ですので、社会保険料がかかりますし、利益が出ていれば法人税等の税金も発生します。
※実は社会保険未加入の中小企業が多いのも現実問題としてありますが、原則加入する必要があります。

利益が出ていなくても最低年7万円の税金+税理士との契約料が発生

利益が出ていなくても法人住民税の均等割り年間最低7万円は支払う必要があるのと、法人だと税務処理等がとても複雑になる為、税理士との顧問契約で年間50~70万円くらいはかかります。

これらの費用が最低限かかることを前提として、法人化して節税メリットがあるのかどうかをご検討ください。

会社のお金を自由に使えない

法人と個人は法的に別人格ですので、法人口座でのトレードで利益が出た分を好きなように出金して使うことは例え社長であってもできません。自由に使えるのは決められた役員報酬分だけです。

ただ、役員報酬を大きくしたらその分だけ個人で支払う税金が増えますので、バランスを考えて役員報酬を設定する必要があります。

個人よりも法人の方が税務調査になりやすい

国税庁のサイトによると、近年実調率(実地調査件数 ÷ 対象法人数)は右肩下がりになっていて、直近の平成28年度分は法人3.2%・個人1.1%となっています。ただ、個人の母数の方が圧倒的に多く、実地調査サイクルは単純に計算すると、法人が30年に1回、個人が100年に1回となっています。

どちらにしても税務調査になる確率自体は極めて低いのですが、一生に一度あるかどうかの個人に比べると、法人の方が呼ばれる確率がやや高いというデータが現実として出ています。



GEMFOREXで法人口座を開設するメリット

ハッピーな猫

ここまで海外FXで法人化するメリット・デメリットについて書いてきましたが、その上でGEMFOREXで法人口座を開設するメリットは一体何なのかについて説明していきます。

法人口座でもレバレッジ1,000倍+ゼロカットあり!

国内FX業者でも法人口座だったらハイレバレッジでトレードできますが、近年は規制が入る傾向になり、大手業者での最大レバレッジは50~70倍程度のところが多く、中には法人口座でも25倍に規制した会社もいます。また、国内FX業者は法律上の理由(金融商品取引法第三十九条)でゼロカットを搭載していません。

そもそも国内FX業者だと個人口座でも申告分離課税で税率20%固定ですので、正直法人口座を作るメリットはそこまで大きくないんですよね・・・

GEMFOREXの場合、法人口座でもレバレッジ1,000倍+ゼロカットありなのですが、要するに個人口座と全く同じスペックということです。個人口座と同じようにボーナスも受け取れますし、ノースプレッド口座も作れますし、使い勝手は全く変わりません。

法人化して節税メリットを出る状況を作った上で、個人口座と同様の有利な環境でトレードできます!

個人・法人で入金ボーナスを二重で受け取れる!

GEMFOREXで法人口座を作る一番の魅力はこの点ではないでしょうか?
※この点は個人事業主口座でも全く同じことが言えますが・・・

個人・個人事業主・法人は法律上それぞれ別人格の扱いです。つまり、それぞれの口座で口座開設ボーナス・入金100%ボーナス・ジャックポット別々に受け取れるということです。

ここ最近の入金100%ボーナスの上限500万円ですが、個人と法人でそれぞれ当選して500万円ずつ入金すれば、合計1,000万円のボーナスを受け取れます。

また、ジャックポットに関しては、GEMFOREX公式が出している2021年1~2月分のデータによると、500%以上のボーナスの当選確率が24%(時期によって変動がある可能性があります)ですので、個人と法人の両方でトレードしていれば高倍率が当たる数は必然的に増えるはずです。
※そもそも節税の為に法人口座を作ってるはずなので、個人口座でのトレードは程々にしておいた方がいいとは思いますが・・・

尚、入金100%ボーナス・ジャックポットに関する記事は過去にいくつも公開してますが、必要に応じて下記の記事をご参考ください。

【注意】個人・法人間での両建ては禁止、資金移動はできない

敢えて注意点を挙げるとすれば、個人口座・法人口座間での両建ては禁止です。なぜなら同一口座ではなく、別人格の別口座扱いですので、悪質な規約違反として口座凍結されて二度とGEMFOREXでトレードできなくなる可能性があります。ボーナスが豪華なGEMFOREXでは、別口座・別業者での両建てには結構厳しいので注意が必要です。

尚、GEMFOREXの口座凍結に関しては、下記の記事についてもご参考ください。

また、同様に個人口座・法人口座間で直接資金移動することもできません。どうしても資金を移動させたいのであれば、一方の口座で一旦出金してからもう一方へ入金するという手順を踏む必要があります。

GEMFOREX法人口座の開設方法・必要書類

ハート

まず、口座開設フォーム登録種別で「法人口座」を選択します。

GEMFOREX法人口座開設方法1

それ以外の口座開設の流れは個人口座の場合と全く同じです。詳細を確認されたい場合は下記の記事をご参考ください。

尚、口座開設後にマイページ上で提出する法人口座必要書類は下記の通りです。個人口座・個人事業主口座とは異なりますのでご注意ください。必要書類はユーザーマイページの「身分証明書アップロード」から提出してください。

  1. 会社登記簿謄本
  2. 代表者身分証明証(運転免許証、パスポートなど)のコピー
  3. 身分証明証と本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真、または大きく鮮明な画像

また、ユーザーマイページの「個人情報登録」内にある「振込(出金)先情報」には法人の銀行口座を入力してください。


以上、GEMFOREXの法人口座についての解説でした。私自身はトレードだけでの法人化は考えておらず、別事業との組み合わせでの法人化をいずれできたらいいなと考えてますが、皆様も長い目で見て選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私の確定申告の話(失敗談)にもし興味のある方は、下記の記事もご覧ください。

2023年11月9日(木)更新

現状GalaxyDAOGEMFOREX)から出金される見込みはかなり低く、当ブログGEMFOREX関連記事過去の遺物と化す可能性が高いと考えています。一部記事参考までに暫く残すものの、少しずつ今後不要だと思われる記事非公開別趣旨の内容リライトしていく可能性があるのでご了承ください。

GEMFOREX2023年5月27日に「M&Aによる事業継承協議開始」を発表後5月31日に一時サービス停止となりました。それから協議結果債務出金遅延分)の継承各種条件・買収金額合意となり、8月1日Galaxy DAO事業譲渡されたことになっていますが、8月15日公開ホワイトペーパーV1にて出金は行わず、その分独自トークンGBOND」を発行すると発表されました。10月31日公開ホワイトペーパーV2でも大まかな内容は変わらず、これまでの経緯を踏まえれば出金される期待値は極めて低いと言わざるを得ません・・・。


尚、GEMFOREX一時サービス停止・M&A事業継承協議・買収先(GalaxyDAO)規約違反者への対応厳格化出金遅延に関しては下記の記事をご参考ください。


えふらぶのFX攻略記! - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングでフォロー

コメント